ササブログ

主に札幌で演奏活動をしているギタリストです。

2013年07月

明日は田中朋子さんのトリオのライブがございます。
宜しくお願い致します!

7/30(火)
田中朋子(pf)
佐々木伸彦(g)
瀬尾高志(b)
start 20:00
charge ¥1,800
@jazz spot JERICHO
札幌市中央区南3西3サンスリービル B1
TEL 011-231-2529

相変わらず首と肩が痛い(笑)
こりは昔からあったけれども、昔よりも痛い。
やはり年もとったし、そういうのはある程度しょうがないとは思うが…
痛いのは辛いのでなんとかしなきゃ、いろいろ仕事に差し支える。

若い時は何もしなくてもどうにかなったが、40も過ぎてるので何もしないと…
どうにもならん事もあるか(笑)

つー事で運動もしていないし少しずつ体の事も考えていかなきゃな〜と。

つまりは、そのためにわざわざ時間を割くのが必要になってくる。
今の世の中…加速度的に、効率的、効率化、を求め考えた物ばかりだし、しかしそれは仕事の生産性を考えると当たり前かも知れない…
が、自分の場合は自分で何か続けようと思うとやはり時間がかかる。

もちろん効率的な運動とかもあると思うが、自分が自分のペースで続けられそうなのが…
効率的な事では無いかも知れない、という事なだけなんです(笑)

何かしようと思えば時間がかかる。
その時間を無駄と思うか思わないか。
理想を言えば効率的にやりたい事だけにうまく時間を使えれば、それは良いかも知れないが
そうも言ってられん。
というかそうはうまくはいかないもの。
限られた時間の中時間を作るというか…
しかし、それは自分が企業戦士(!?)ではないからできるのか(笑)

自分の場合それにわざわざ時間を割くという事も大事で、どれだけそれに費やしたかという事にもちょっと意味がある。
例えば音楽、楽器でも、簡単に身に付けた物に自分にとってどれだけの意味があるだろうか?等とも思ってしまう。
まっ、簡単に身に付く事は自分には無いんですがね(笑)
その辺りの考えは仕事によっても全然変わるでしょうか。
自分の音楽は、作業効率を求めているものとはちょっと違う。
四苦八苦して時間がかかっちゃう。
というか、ここで終わりというながない。
時間と金額の事だけ考えたらある意味相当非効率的な(笑)
しかし、そういう事ではないな。
簡単には身に付かないのでしょうがない。いや、
もしかしたら一生身に付かないかも知れない。
というか、身に付ける云々…という発想がちょっと違うかも知れない。
例えば…なんというか練習は練習なんだけど、実は練習じゃないかも知れない。
それそのものが…?

実は答えや結果を求めてという事とも何かが違う。
いや、確かに例えば一つ一つ一日一日というのは結果ではある。理想という物もあるだろう。
しかし、その一つ一つが連鎖して続いていくのであって…。うまく言えない(笑)
もちろん仕事上、結果的にそれなりの形にしきゃいけないというのはもちろんある。
ここで言う結果は最終的なみたいな…
ん〜うまく言えない(笑)
ある到達点や終着駅があるわけではなく…
これは自分が続けているうちはきっと終わりが無い。休憩とかはしますけど。

あぁ、もしかしたらこれが人生なのか〜(笑)

楽器を弾いたりしている時だけが音楽ではない。かも知れない。
音楽が生活ではあるが、生活が音楽でもあるかも知れない。
最終的にはその人がどう考え生きて来たかという事が、どういう音楽だったのか?という事になるのか?
それが人生か…。


あ、話それました。
という事で…何か運動しなければ、と歩いている訳です。
日によって歩数は偏りはあるけど…(笑)
なんとか続いています。
そこそこ歩くと結構時間かかります。
その時間があれば他に…という意見もあるでしょうがね。




しかし、それだけじゃ肩こりは治らない…


とりあえずはその辺の事はまずは、効率良くお金で解決しようかなとは思ってます(笑)






7/27(土)
田中朋子(pf) 佐々木伸彦(g) Duo
start 21:00(1st) 22:30(2nd)
通常charge ¥500(20:00以降)
live charge ¥800(一階席) ¥400(二階席)
キッチン&バー浪漫風
札幌市北区北25条西4丁目3-6
TEL 011-736-3371

ここしばらく、肩が超痛い。

昔から肩こりは普段からだけど、ちょっと嫌な痛みが続く…

いろいろな人の、腕があがらなくなった…
等の話を聞くと自分もいつかはなるのかなんて思ったりもするが…
なられても困る。

まだ痺れるとかはないけど、しかし、なんか嫌な感じがある…。

首も肩も背中も腕も、凝りがひどいし痛い(笑)

今までは数日放っておいたら治ってたけど…

整体とか行ってみるかな〜とか考えます。。。

昨日の事ですが…

虫歯を一本抜きました。
上の一番奥。
かなり放っておいた自分が悪いのだが…

親不知以外では初の抜歯。
自分の歯が一本減ってしまって残念。。。

残りの歯を大事にしなくては。

しかし、なんというか置かれている麻酔の注射器がいつもよりちょっと大きめで、ちょっとドキッとしました(笑)
見なきゃ良かったけど見えちゃった。

多分3、4ヶ所に射たれたか。
そのうちの一ヶ所なかなか痛かった(笑)
まぁ、その後は麻酔が効いているので痛くなかったが、
抜歯のあの感触はちょっとやだなぁ〜。
メリメリというような…(;´д`)

昨日は、お酒ダメと言われたので飲まなかったけれど。

今晩は飲んじゃおうかな〜と。



非常に珍しく、ライブが二本。
昼間と夜。

で、昼間の演奏がなんと10:00入り。
しかも札幌ではない!

普段朝まで起きてる生活をしてるので…

やっぱり、結局寝れんかった!

昼間の仕事してる人からすると、何の事は無い時間でしょうが…(笑)

演奏仕事としては…

早いです(笑)






夜は北区の浪漫風です。
宜しくお願いします〜。


7/20(土)

中島弘惠pf 佐々木伸彦g Duo

start 21:00(1st) 22:30(2nd)
通常charge ¥500(20:00以降)
live charge ¥800(一階席) ¥400(二階席)
キッチン&バー浪漫風
札幌市北区北25条西4丁目3-6
TEL 011-736-3371

このバンドがなければ…

って位に10代半ばで出会い20代へと…
自分の音楽の中心だったバンドだ。

集めたCDは昔金がなくなった時に売り飛ばしてしまった。
とほほ。そう…魂を金に替えたのだ(笑)

そして、金がある時にまた買い直した。
売った魂を、また金で買い直したって事か(笑)

そして、なんとまた金に困って売っちゃったのだ。
だが、その時はロンドン・コーリング一枚だけ手元に残した。
少しだけ学習したのか??

今となってはほんとたまにしか聴かなくなったが、聴くとやはり良い。
昔聴いていた音楽でも、今聴ける物と聴けない物とに別れるが、クラッシュはもちろん今聴いても痺れる。

そして、本題。
先日友人のブログで知ったが、クラッシュのボックスが9月に出る。らしい。

調べると…なんとメンバーがリマスターに関わっているらしい。
という事で、2013年の最新リマスターという事になるか。

今まではしばらく1999年のリマスターの音源で、何度と再発されていた。
ロープライスのバージョンがいくつか、そして紙ジャケットのバージョン。
そう、装丁だけ変わり音は一向に昔と一緒。
紙ジャケットが好きな人は、買い直した人もいるでしょう。

そして数年前に、ソニーのBlue-spec CDで再発。
やっと少しだけ音が変わるのか…と思っていたら、中途半端に2タイトルしか出てない。
持って無い時期(笑)だったので買っても良いかなとは思ったが今回はスルー。

ここ数年、流行り(?)の高音質CD。
自分も何枚か買ってみた。
これについてはまた別の機会に…。

で、今回の久しぶりのリマスターはクラッシュのメンバーが携わっている。
このボックスはちょっと聴いてみたい。

一つちょっと気になる事が。

ラストアルバムのカット・ザ・クラップがやっぱり入っていない。

確かにクラッシュの黄金のメンバーは、ジョー・ストラマー、ミック・ジョーンズ、ポール・シムノン、トッパー・ヒードンの四人。
ラストアルバムは、ミックとトッパーがバンドを去った後の、ジョーとポールと新しいメンバーとのアルバム。

やはりクラッシュの名義ではあるが、クラッシュとは別物の作品という感じなのだろう。
このアルバムの曲はベスト盤にもやはりほとんど入っていないし。

ジョー・ストラマーもちょっと否定的かも知れないこのアルバム。
ファンからはクラッシュ史に存在しないものとされているとWikipediaにもある。
ドキュメンタリーでも触れられていない。
要するに本人達にしてみれば、あれはなかった事にして欲しいという事なのかな?(笑)

という事で、今回ボックスでも入れてもらえないこのアルバム。

まぁそれは仕方ないかも知れない。

で、今回のリマスターではない…
3月に出たクラッシュの再発というのも実はある。
そちらは、1999年リマスター音源使用のBSCD2。
つまりは、旧リマスター音源の高音質CD化したバージョン(笑)
何故かこちらのラインナップからも、カット・ザ・クラップが外されている。
ん〜。こっちのバージョンでは一応は入れておいて欲しかった。

あと疑問は、今後クラッシュのアルバムはこのメンバーがマスタリングした音源がしばらくは使われて行くのか…
まぁ多分、10年以上しばらくはこのリマスター音源で、やれ紙ジャケットだのそしてBSCDもバージョンアップしたりと。
また装丁だけ替えた再発を繰り返すとは思うが…。

実際今回のボックスは輸入盤のみだが、それに合わせて9月に国内盤単品でまた再発する。
で、こちらも最新リマスターとなっているからきっとボックスと同じリマスター音源使用なのかな。
しかし、仕様がBlue-spec CD2(笑)
この高音質CDって実際日本だけだよね。

日本でのCDの売り方はややこしい。
何回も買わせようと、同タイトルでいろいろ有りすぎる。
どっちにしても多分BSCD2で全タイトル(?)出てしまったのなら、多分以前出たBSCDや更にその前の通常のは廃盤となるのかね?

という事は、このカット・ザ・クラップは昔のバージョンが廃盤になってしまうと、カタログから消えてしまうという事になるのか…?

クラッシュのアルバムとしては認められなくても…
しかし、ジョー・ストラマーが歌っているという事には変わり無い。
アルバム自体は残してもらいたいなとは思うのだが…。

しかし、この最新リマスターのクラッシュは聴いてみたい。
ボックスには惹かれるが金がねぇ…(笑)

眠い。

眠いー(笑)

何時間寝ても、寝足り無い(笑)



という事で、カフェインを投与!

久しぶりに昼まで働いたぜ(笑)

という事で天気も良いし街をちょいとブラつく事にする。

普段の買い物はほとんどインターネットだが、久しぶりにCDショップに来てみた。

しかし、眠い。
危なくSEX PISTOLSのCDを買うとこした(笑)
NEVER MIND THE BOLLOCKS
何度買っては売ってを繰り返したか(笑)
権利が移動してから出た、2012年リマスターを
聴いてみたかった。

ぼーっとしてて危なかったがなんとか買わずにセーフ。

ブラつくというかフラつく?

ってな事で、実は練習等々やることが進んでなくてさぁ大変!
未だ音採ってない曲があるぜ!

さすがに疲れたので明日にする。

ここんとこ帰宅はまぁ5時だったり6時だったり、
そんな感じです。

もちろん往復の移動は徒歩で。
冬の間はどうも億劫でサボりがちだったので、暖かくなってからボチボチ歩きはじめた。

やはり一日10,000歩…
ではなく一年で3,650,000歩を目指す方向が良いかな(笑)
自分は。
その方が長く続けられそうです(笑)

という事である現場までの移動を兼ねたウォーキングなので、効率は良いでしょう。
他にも歩いているので、一日10,000歩以上は歩いている。

要するに冬にちょっとサボった分の穴埋めです(笑)
それ事態に意味はないと思うが。。。

そういえば歩きはじめて一年位かな。
なんとか続けていきます!



最初はパラパラと、まぁ傘をさす必要もないくらいの雨。

しかし徒歩での帰宅途中で急にどしゃ降りの雨が。

あと20分位で自分ちに着くし、傘を買うのもなんだかなぁと。
今日は濡れても良いかなんてそのまま歩いた…。

という事で久しぶりにずぶ濡れになったなぁ(笑)

とりあえず、寝酒にビール一杯飲んで
寝ル事にします。








↑このページのトップヘ